目のケア
診療
クリニック情報

銀座・東銀座・銀座一丁目・八丁掘・新富・築地 中央区の眼科
TEL.03-3546-0100

モリタツ眼科クリニック
 

 
コンタクトレンズ・緑内障・飛蚊症・レーザー治療

銀座のみなさんへ  目の日常ケア1
銀座のみなさんへ 目の日常ケア2
銀座の緑内障・ステロイド緑内障
銀座からのアクセスマップ

 

電話

住所

〒104-0045 

東京都中央区築地1-4-7 森ビル1階、2階

(銀座方面からは、銀座のマロニエ通りをまっすぐ、築地警察署を超えてすぐ)

診療日・診療時間

  月火水木金  診療時間

前半〇〇〇〇〇❎❎ 10時~13時

後半〇〇〇〇〇❎❎ 15時~18時

休診日

曜・曜・祝日

Information 


●●ワクチン接種については反対です。私自身の体験上及び海外情勢を含めての意見です。



当院では、マイナンバーカード保険証(マイナ保険証)を取り扱っていません。



当日の電話による完全予約制、順番でお呼び出し になります。
受診前に電話をされていない方の来院は硬くお断り致します。
何卒よろしくお願い申し上げます。



新型コロナウィルス感染症?について


 
・咳などの風邪症状や、発熱がある方(過去2〜3週以内含む。)

・味覚や嗅覚障害が最近出現した方
・過去14日以内に海外渡航歴のある方
 

該当される方は最寄りの保健所もしくは下記の相談窓口に問い合わせてください
東京都中央区保健所コールセンター
午前9時~午後17時まで(平日のみ)
電話)03-3541-5254
●東京都福祉保健局
午前9時~午後21時まで(土曜、日曜、休日を含む)
電話)0570-550571
FAX)03-5388-1396(聴覚障害のある方など)
●厚生労働省
午前9時~午後21時まで(土曜、日曜、休日を含む)
電話)0120-565-653
 
対策についは下記を参照してください
 東京都感染症情報センター 
 http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/



◎◎
当院内では、必ずマスクをしてください。(新型コロナウィルス感染症は新感染症法の2類相当に指定されている為
●また、必要以上の会話は控えてください。
同伴はどうしてもしなければならない方以外は避けてください
何卒ご配慮をお願い致します。
 




  
新型コロナワクチンを接種された方】へ
当院では新型コロナワクチンを【接種された方】の診察及び院内への立ち入りを当分の間お断りさせて頂きます。
 


1.コロナウィルスの存在そのものの証明が不確か。追試証明がなされているのか?全国都道府県知事の名の下、存在証明されている書類等無し。
 
2.その不確かなウィルスに対してのワクチンとはなにか?
ワクチンそのものの内容物を科学的根拠を持って全て説明・証明できているのか?
 
3.現在、人類初のワクチンを恐らく世界で1、2を争う高さの接種率を誇るまでになった国内において、明らかになっただけの死亡率をみて、通常の新薬であれば販売中止、即商品回収になっているだろうにも関わらずそうならずに打ち続け、更に個人当たりの回数を増加させているのはあり得ない。また、160万個の異物が明らかになった時点でも然り。
おかしいと思いませんか?
 
4.他国の現状、世界の国々では数々の副作用が報告され、中でも接種者から未接種者への影響が不明である事。
 
5.接種者は他者(接種者であっても未接種者であっても)から感染する可能性はあるし、感染させる可能性もある事。
 
6.本来であれば企業内で厳重に装備された施設において、密閉された空間で行わなければいけないphase3を緊急事態の名の元、異常な状態で行われてしまった、別の意味での緊急事態。
 
7.人類初のワクチンの対策について、ここ日本だけ世界から取り残された感が非常に強いですが、いずれ全てが明らかにされた時、接種者も未接種者も慌てず、落ち着いて、冷静に判断しましょう。
 
8.今、現在も治験中です。結果はまだ出ていないのです。その結果が、良くても悪くても、この人類初のワクチンの事が全て詳らかになるまでは(何年先か全く不明)、接種された方には申し訳ありませんが、未接種者に対しての影響が何もわかっていませんし、これは、命の問題ですから、当院への受診は控えて頂くようお願い致します。接種者のみなさんへは、他院では私と違って、広く接種・未接種に関わらず診療なさっている優秀な素晴らしい医師がほとんどです。
 
9.接種者のみなさんも未接種者のみなさんも、世界情勢から言って、何か物凄い夢のような最先端の解毒・治療法があるに違いありませんから、決して希望を捨てずに生き抜きましょう。現状では食事(日本食)、一般に解毒作用があると言われているサプリ(自分で調べてください)などを接種し、自己免疫能を高めるよう務めましょう。
 



●医学・科学は、基本的に原則、結果に基付くものです。そこに至る理論、推察、考察、検証等はもちろん大切ですが、実験を重ね結果を得てそれに関して更に何度も推察・考察・検証し正しい結果を求めて繰り返し実験して行くものです。何度繰り返しても同様の安全性が確保された効果がある正確な信頼のおける結果が伴わないといけないのです。その為の実験・治験ですから。さらにその結果の情報は常に透明性を持ち正しい手順で得なければいけません。それらの情報を元に驕りなく謙虚に冷静に判断を要します。
 今、行われているワクチン接種におけるphase3は本来、企業が募集した被験者を何かしかの報酬と引き換えに命の危険性を説明します。それから、被験者からの同意を得て、感染症に関わる治験・実験ですので、各機関や企業の施設内で、厳格に隔離され、厳重に装備・管理された全ての被検者に対して完全防御した検者が行うべきものです。そして、被検者への効果・安全性、検者への安全性を共に確認された結果・データーが申請後、正式に認可され、市場に出回ります。更に、市場に出回ってからある一定期間、その薬剤に対しての色々な安全性に関する制限も加わり経過措置期間が過ぎてから一気に広がって行きます。ただ、時として薬の副作用は何十年も経過してからわかるものもあります。
 治験期間が終了せず、更に、正しい結果を情報を手に入れ難い状況でどうやって判断すれば良いのでしょうか?
 更に、元のウィルスの証明が世界中で不明のものの〇〇株の証明は具体的にどうやっているのでしょうか?
 果たして、ワクチンの内容物を全て完全に説明・証明できる方は国内にいるのでしょうか?
 通常、新薬の場合、5人の死者が出た場合死を招くという警告文が表示され、50人で販売禁止になります。実際、過去に1976年豚インフルエンザ用ワクチンで約30人の死者が出た為使用禁止になった事があります。こう言った面から、遥かに死者が多いという一部の結果が出た今、直ちに使用禁止すべきと考えます。これを推進する目的は何でしょうか?
 そして実際に私が、今年の春頃から、ワクチン接種者(医療従事者がほとんどでした)を診療した後、私の体調が優れず、休診が続き、今もって完全に回復していない事から実体験上の上記判断であります。
 



◎◎流水、石鹸で手洗いを念入りにしましょう。特に肩から上に手を上げないように、上げてしまったら直ぐに手洗いしましょう。その後手をアルコール消毒すると効果的です。トイレを清潔に保ちましょう。


◎原則的にコンタクトレンズを外しての診療になります。コンタクトレンズの予備、レンズケースあるいはメガネ等を用意して、コンタクトレンズを外せるようご準備ください。


◎飛蚊症(ひぶんしょう、虫やゴミのようなものが動いて見える症状)の原因の一つである網膜裂孔、網膜はく離やその他糖尿病網膜症や緑内障などに対しての光凝固術治療を施行しています。ドライアイに対してコラーゲン涙点挿入術などの治療も施行しています。


◎基本的には受付順で診療致しますが、病気で重い方がいらっしゃった時など順番が前後する事も有りますので、ご了承の程お願い致します。
◎薬は院外処方になります。薬剤処方箋は発行当日を含め4日以内に近くの調剤薬局へお持ちください。


◎各検査の所要時間(一応の目安)
コンタクトレンズ 処方 約1時間 (初めて扱う方) 約1~2時間
メガネ      処方 約1時間
視野検査        約1時間
散瞳下眼底検査     散瞳(約1時間) 検査(約15分) 計約1時間半
涙点プラグ挿入術    約1時間



◎◎各医療機関においては膨大な量の個人情報を取り扱っています。又、国からも厳重な規制を受けています。
当院の許可なく当院内での携帯電話、スマホ、カメラ、ビデオなどでの無断撮影は厳重に禁止しています。厳重な注意等及びその場で全てを消去削除していただきます。


◎◎個人情報保護の為、本人の同意・承諾なくその個人情報に係わる事は、お答えできません。特に電話での問い合わせについては一切返答できません。



◎◎当院は3次救急病院、高度な医療設備を備えた医療機関ではありませんので、患者さんの病気の状態などによっては、ご本人にとって最適と考えられる高度医療機関へ紹介する場合があります。


◎◎当院はセカンドオピニオン、サードオピニオンは行っておりません。又、見た目を改善する美容上の目的の為の医療には対応できません。それらの目的で受診された場合、他の高度医療機関への紹介となります。