銀座・東銀座・築地のモリタツ眼科 ボード

銀座のみなさんへ 「眼」の日常ケア1
銀座のみなさんへ 「眼」の日常ケア2
銀座のみなさんへ コンタクトレンズ
銀座からのアクセスマップ

緑内障 患者さんが増えています

銀座・東銀座・築地地区にお勤めのOLさん・ビジネスマンのみなさん、お住まいのみなさん。視野異常を感じられたら、緑内障かもしれません。

■緑内障は几帳面な性格の人がかかりやすい?

■緑内障は几帳面な性格の人がかかりやすい?ハンフリー視野計は緑内障、神経眼科疾患、心因性の視野障害などの時に使用し視野を測定する検査機器。 緑内障のご相談で来られる患者さんはかなり多くなっています。緑内障の検査に30分程度かかるのですが、その検査が診療時間中ずっと続いているという感じです。
緑内障の患者さんは日本全体でおそらく400万人くらいいると考えられています。40歳以上の人であれば20人に1人の割合で発症します。

 緑内障の患者さんの年齢層は、銀座の若いOLの方から、中高年の男性、お年寄りまであらゆる年齢層に当たっています。多くの方は、健康診断の眼底検査や眼圧検査で指摘されて精密検査を受けに来られています。
 たくさんの緑内障の方を診察してきて、なんとなく感じることですが、緑内障の方は几帳面なタイプの方が多いように思います。なぜなのか理由は定かではありませんが、緑内障の点眼薬は自律神経に作用するものですから、やはり何か自律神経に関係しているのかもしれません。

 緑内障は、目の中の房水(眼内の前方を流れ、老廃物、栄養物質等を運んでいます)の排泄口にあたる隅角が広い「開放隅角緑内障(広義)」と、狭い「閉塞隅角緑内障」の2つのタイプに大きくわかれます。

■神経組織が傷害される開放隅角緑内障

神経組織が傷害される開放隅角緑内障 開放隅角緑内障は、全緑内障(40歳以上の5.8パーセント前後)の内、約8割(40歳以上の4.8パーセント前後)です。症状としては目の奥の神経などの神経組織が傷害されるもので、視野が少しずつ狭くなっていくケースが多く見られますが、なかには急激に視野が悪化するケースもあります。
網膜の神経繊維はだいたい120万本くらいあるといわれています。緑内障の自覚症状が出るころには、そのうちの半分ぐらいが侵されているようです。人間ドックや健診で眼科を受診したり、コンタクトレンズをつくるために検査をして初めて見つかることが多いようです。

 その原因は循環障害やニコチンなどいろいろ考えられているのですが、明らかになっているリスクファクターとしては通常に比べて眼圧が高いことがあります。眼圧を下げれば明らかに進行が遅くなったというデータが出ていますので、点眼薬、内服薬、手術などによって眼圧を下げる治療を行います。

■閉塞隅角緑内障は早急な治療が必要

 閉塞隅角緑内障は全緑内障の約1.5割で時として急激に発症するものもあります。その急性緑内障発作は、急激に高眼圧(40~80mmHg)になり治療を急がなければいけない目の病気の一つでもあります。
 症状としては、急激な眼痛、かすみ、虹視症(電灯を見ると虹がかかって見える症状)、そして、強い頭痛、吐き気などです。
 頭痛、吐き気の症状が強く、先に他科を例えば内科、脳外科、胃腸科、外科等に受診されてしまって、視機能障害が強く残り失明に近い状態になる事もあり得ます。
 またなかには、目の症状も暗い所でなんとなく重い、夜になると重くかすむ程度で済んでしまって自己放置され、少し気になったので受診されて、手遅れになるケースもあります。
 治療は点眼、内服、点滴、場合によっては手術になります。

 身体障害者手帳を申請した人の中では、中途失明の第一原因がこの緑内障なのだそうです。その次は糖尿病、網膜色素変性症と続いています。しかし緑内障は早期発見によって失明を免れることができる病気なので、定期的な健康診断をきちんと受けることをおすすめします。

■必要な場合は最適な医療機関にご紹介します

 当院で診断して、緑内障でないことがわかると安心して皆さん帰っていかれますし.残念ながら緑内障と診断されると、当院で緑内障の進行を止めるための診療を行うことになります。
 治療上、生活上のご注意としては、一気に水分を取らないこと、点眼治療や内服については必ず継続して行っていただくことなどです。
必要な場合は最適な医療機関にご紹介します もし途中で治療を止められると、視神経が障害される病気ですので、だんだん視野が狭くなって最悪の場合失明に至ります。中枢神経である網膜神経繊維や視神経が再生されるのは、 iPS細胞の実用化を待たなければなりません。

点眼の効果が薄くなると薬を変えていきますが、それでも視野が狭くなる場合には、大病院にご紹介して手術することもあります。
 当院では、より高度な専門医療が必要になったと判断した場合には、考えられる中で最高の医療機関をご紹介するようにしています。
緑内障でご紹介している東邦大学病院や、聖路加病院、慈恵医大病院など、部長先生の得意分野によって専門性が高い最高の医療機関です。
 眼科の場合は大病院ではなく、特殊技術を持った個人医院をご紹介するケースも少なくありません。眼科は、ドクター個人の職人技の部分があるからです。素晴らしい技能を持った先生がいらっしゃいます。当院はそうした専門分野別のドクターをよく知っていますので、万全の態勢で診療しフォローすることが可能です。

■知らないうちにステロイド性緑内障になっていませんか?

 アレルギー性結膜炎や鼻炎に対する治療薬として、他科でもステロイドを出す医療機関が多くなっていますが、ステロイドによって知らないうちにステロイド性緑内障になる可能性があるので、これには注意が必要です。
 ステロイドにすごくよく反応する体質の方の場合は、2~3回使うだけで眼圧がすぐに上がってしまう可能性が高いのです。早期に発見されればよいのですが、気づかずにしばらくいると、気づいた時には緑内障がかなり進行しています。
 わかっていないだけで、ステロイド性緑内障になっている人はかなり多いはずです。お心当たりのおありの方は、お早めの受診をお勧めします。

コンタクトレンズ・緑内障・飛蚊症・白内障・ドライアイ   東京都中央区 銀座・東銀座・新富・築地の眼科

銀座の近視・遠視・乱視・老視

近視・遠視・乱視・老視

目の仕組みは、カメラの仕組みにとてもよく似ています。角膜から入ってきた平行な光線は、レンズに当たる「角膜」と「水晶体」で屈折されて、目の奥の網膜の上で焦点を結びます。この焦点が正しく結べていれば…

近視・遠視・乱視・老視はこちら

コンタクトレンズ

銀座のみなさんのコンタクトレンズ

コンタクトレンズはとても便利なものです。そのかわりにきちんとしたケアをしないと、目に傷害を負ってしまう可能性もなきにしもあらずです。コンタクトレンズは眼科で正しく作って、正しく使いましょう。

コンタクトレンズはこちら

ドライアイ・白内障・糖尿病網膜症

ドライアイ・白内障・糖尿病網膜症・    加齢黄斑変性

目の乾きを訴えられるドライアイの方が増えています。白内障は薬である程度進行を抑えられます。糖尿病の方は、もちろん注意が必要です。光凝固術で進行を防止します。

ドライアイ・白内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性はこちら

銀座の緑内障

緑内障 患者さんが増えています

視野異常を感じられたら、緑内障かもしれません。緑内障は「開放隅角緑内障(広義)」と、狭い「閉塞隅角緑内障」の2つのタイプにわかれます。適切に治療しましょう。


緑内障の治療についてはこちら

飛蚊症・光視症・レーザー(光凝固)治療

飛蚊症・光視症・レーザー(光凝固)治療

白い壁を見たときに、点状や斑状の模様や、髪の毛や糸くずや虫のようなものが動いて見えたら飛蚊症かもしれません。適切に治療しましょう。

飛蚊症・光視症・レーザー(光凝固)治療はこちら

花粉症・アレルギー性結膜炎

花粉症・アレルギー性結膜炎・アトピー

アレルギー性結膜炎の原因には、ダニやハウスダスト、植物の花粉などさまざまなものがあります。1月の下旬ごろからは花粉症のシーズンになります。

花粉症・アレルギー性結膜炎・アトピーはこちら

院長あいさつ

当院は銀座から近く、交通の便がよいところにあります。検査結果は診察室に設置したモニター上で、画像でご本人にご確認いただくことができます。

院内ご案内

当眼科の院内はとても明るくなっています。バリアフリーを意識して、主だった診療は1階ですべて行えるように工夫しています。またクリニック前の歩道についてもバリアフリー工事を行いました。

スタッフ募集

モリタツ眼科クリニックのスタッフ増員募集についてはこちらに掲出します。

銀座の眼科 アクセス地図

モリタツ眼科クリニックは銀座のマロニエ通りをまっすぐ築地方面に進み、築地警察署を超えてすぐのところにあります。銀座地区・東銀座からは歩いてすぐ、至近です。

モリタツ眼科クリニック
コンタクトレンズ・緑内障・レーザー(光凝固)治療
中央区 銀座・東銀座・築地の眼科

目の健康維持やメガネ・コンタクトレンズ。
日本眼科学会眼科専門医。緑内障学会会員。

東京都中央区築地1-4-7森ビル1階、2階
電話 03-3546-0100