銀座・東銀座・築地のモリタツ眼科 ボード

銀座のみなさんへ 「眼」の日常ケア1
銀座のみなさんへ 「眼」の日常ケア2
銀座のみなさんへ コンタクトレンズ
銀座からのアクセスマップ

銀座・築地のみなさんへ 「目」の日常ケア その1

銀座・東銀座・築地地区にお勤めのOLさん・ビジネスマンのみなさん、お住まいのみなさん。お化粧のしすぎで目をいためていませんか? 仕事で意識せずに目をいためていませんか?ちょっとした注意で、快適な「目」の日常生活が取り戻せますよ。

■目のまわりのメイクはほどほどに

銀座・東銀座・築地のOLのみなさん目のまわりのメイクはほどほどに 銀座・東銀座・築地のOLのみなさん、アイメイクはあまりしすぎないほうが無難です。油性の成分が、マイボ−ム腺という目に脂質を分泌する腺の出口をふさいでしまうとドライアイになりやすいからです。特に最近は「インライン・アイメイク」と言ってまつげの内側までお化粧をする方がいらっしゃいます。
 ですが、「目がゴロゴロするんですけれど……」と症状を訴えて来られる方が少なくありません。またまつ毛パーマ、つけまつ毛などが目に刺さって駆け込んで来られる方もいらっしゃいます。ヒアルロン酸系のお薬やビタミン剤を出しますが、そういう方はメイクは控えめにされたほうがよいでしょう。
 クレンジングを疎かにせず、治療には、しみないシャンプーで洗い、お湯で流して、抗生剤軟膏を塗布します。まぶたを清潔にするのがベストです。

■パソコンを長時間使う人は「望遠訓練」をしましょう!

銀座・東銀座・築地のビジネスマンのみなさんIT労働には効果的な望遠訓練を。T労働には効果的な望遠訓練を。 仕事などでパソコンのモニターに長時間向かう銀座・東銀座・築地のビジネスマンのみなさんは、目の中の筋肉や水晶体が固まりやすくなって、眼精疲労になりやすいです。眼精疲労は目の疲れだけでなく、目の痛み、まぶしさ、ドライアイ、肩こりなど、さまざまな症状を呼び起こします。
 これを防ぐためにおすすめなのは、望遠訓練です。パソコンを使っているときに、10分間に1度くらい、ちらりと遠くを見る。あるいは1時間に10分から15分くらい目を休ませるのですが、この時にちらりと手の平のシワを見て、その後すぐリラックスしてすぐに楽にピントが合う一番遠く(それ以上遠くを見ては意味がありません)を見る、ということを10回くらい繰り返してみてください。
 この訓練によって目の中の筋肉や水晶体をストレッチして、鍛えることができます。
 もうひとつは、意識して瞬きをするとよいでしょう。ディスプレイを凝視するとまばたきの回数が減ってドライアイになりやすくなります。まばたきは1分間に20回するのがよいといわれています。
 パソコンのディスプレイは、目の高さより低い位置に置いた方がよいでしょう。見上げる姿勢にならないのでドライアイを防ぐことができますし、蛍光灯の映り込みを防ぐことができます。ディスプレイは電源を切ったときに画面に光が映り込まないような位置に置くように工夫をしてください。
 暗い所でディスプレイを見ると眼精疲労になりやすいですが、明るすぎるところで見ても同じように眼精疲労になりやすいのです。室内灯の明るさとディスプレイの画面の明るさがだいたい同じくらいがよいのではないかといわれています。

■テレビの視聴について

テレビの視聴についてテレビは適度に明るくテレビは明るい部屋で。 
 テレビの画面はディスプレイの一種ですから、できれば見上げるよりも見下ろすような位置に置いたほうがよいのではないかと思います。
 ディスプレイは光が点滅しているものですので長時間見続けると目が疲れます。またなるべく部屋は明るくして見たほうがよいでしょう。室内を暗くしてテレビを見ていると近視や遠視になる恐れがあります。特にお子さんの場合は発達に関わりますから注意か必要です。
 テレビは適度に明るくして見たほうが、目が疲れにくいはずです。

 コンタクトレンズ・緑内障・飛蚊症・目の日常ケア1    東京都中央区 銀座・東銀座・新富・築地の眼科

銀座の近視・遠視・乱視・老視

近視・遠視・乱視・老視

目の仕組みは、カメラの仕組みにとてもよく似ています。角膜から入ってきた平行な光線は、レンズに当たる「角膜」と「水晶体」で屈折されて、目の奥の網膜の上で焦点を結びます。この焦点が正しく結べていれば…

近視・遠視・乱視・老視はこちら

コンタクトレンズ

銀座のみなさんのコンタクトレンズ

コンタクトレンズはとても便利なものです。そのかわりにきちんとしたケアをしないと、目に傷害を負ってしまう可能性もなきにしもあらずです。コンタクトレンズは眼科で正しく作って、正しく使いましょう。

コンタクトレンズはこちら

ドライアイ・白内障・糖尿病網膜症

ドライアイ・白内障・糖尿病網膜症・    加齢黄斑変性

目の乾きを訴えられるドライアイの方が増えています。白内障は薬である程度進行を抑えられます。糖尿病の方は、もちろん注意が必要です。光凝固術で進行を防止します。

ドライアイ・白内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性はこちら

銀座の緑内障

緑内障 患者さんが増えています

視野異常を感じられたら、緑内障かもしれません。緑内障は「開放隅角緑内障(広義)」と、狭い「閉塞隅角緑内障」の2つのタイプにわかれます。適切に治療しましょう。


緑内障の治療についてはこちら

飛蚊症・光視症・レーザー(光凝固)治療

飛蚊症・光視症・レーザー(光凝固)治療

白い壁を見たときに、点状や斑状の模様や、髪の毛や糸くずや虫のようなものが動いて見えたら飛蚊症かもしれません。適切に治療しましょう。

飛蚊症・光視症・レーザー(光凝固)治療はこちら

花粉症・アレルギー性結膜炎

花粉症・アレルギー性結膜炎・アトピー

アレルギー性結膜炎の原因には、ダニやハウスダスト、植物の花粉などさまざまなものがあります。1月の下旬ごろからは花粉症のシーズンになります。

花粉症・アレルギー性結膜炎・アトピーはこちら

院長あいさつ

当院は銀座から近く、交通の便がよいところにあります。検査結果は診察室に設置したモニター上で、画像でご本人にご確認いただくことができます。

院内ご案内

当眼科の院内はとても明るくなっています。バリアフリーを意識して、主だった診療は1階ですべて行えるように工夫しています。またクリニック前の歩道についてもバリアフリー工事を行いました。

スタッフ募集

モリタツ眼科クリニックのスタッフ増員募集についてはこちらに掲出します。

銀座の眼科 アクセス地図

モリタツ眼科クリニックは銀座のマロニエ通りをまっすぐ築地方面に進み、築地警察署を超えてすぐのところにあります。銀座地区・東銀座からは歩いてすぐ、至近です。

モリタツ眼科クリニック
コンタクトレンズ・緑内障・レーザー(光凝固)治療
中央区 銀座・東銀座・築地の眼科

目の健康維持やメガネ・コンタクトレンズ。
日本眼科学会眼科専門医。緑内障学会会員。

東京都中央区築地1-4-7森ビル1階、2階
電話 03-3546-0100