目のケア
診療
クリニック情報

銀座・東銀座・銀座一丁目・八丁掘・新富・築地 中央区の眼科
TEL.03-3546-0100

モリタツ眼科クリニック
 

 リンクサイトHome Page
コンタクトレンズ・緑内障・飛蚊症・レーザー治療

銀座のみなさんへ  目の日常ケア1
銀座のみなさんへ 目の日常ケア2
銀座の緑内障・ステロイド緑内障
銀座からのアクセスマップ

 

電話

住所

〒104-0045 

東京都中央区築地1-4-7 森ビル1階、2階

(銀座方面からは、銀座のマロニエ通りをまっすぐ、築地警察署を超えてすぐ)

診療日・診療時間

  月火水木金  診療時間

前半〇〇〇〇〇❎❎ 10時~13時

後半〇〇〇〇〇❎❎ 15時~18時

休診日

曜・曜・祝日

Information    リンクサイト HP
  

●●

このサイトは表示に関して妨害されている恐れがあります。

  

●●当日の電話による完全予約制

  順番で呼び出しを致します。

  必ず事前に電話をしてください。

マイナンバーカード保険証(マイナ保険証)は取り扱っていません。

●●ワクチン接種については以前から、これからも反対です。私自身の体験上及び海外情勢を含めての意見です。
(このワクチンは遺伝子組替えワクチンであり、人類は、まだ、DNAの98%が何をしているのか解っていません。)

 

●●ワクチン接種については以前から、これからも反対です。私自身の体験上及び海外情勢を含めての意見です。
(人類は、まだ、DNAの98%が何をしているのか解っていません。)

◉◉

本当に、高高度な医療テクノロジーが存在するならば、一刻も早い開示および使用、施行を望まざるを得ません。

  

●●新型コロナ及びワクチンについて

●●

 

 

●●ワクチンは接種者から拡散する生物兵器

 /リチャード・フレミング博士

 

     リンク① 動画・フレミング博士 (2021.10.)

 

     リンク② 論文・フレミング博士

 

●●shedding=ワクチン接種者が他人や動物に何かを移す事。

       

         ●リンク shedding動画

 

 

         ●リンク shedding動画

●●公開されたCDCの文書では、「CovidPCRテストがテスト校正用の分離したサンプルなしに開発されたことを認めており、事実上、別のものをテストしていることを認めている。SARS-CoV-2の存在を正確に識別する正当な検査は存在しない。(引用)

     ●リンク CDC公式文書

●●アメリカ最高裁判所の決定により、FDAに対して、ファイザー社のワクチンの有害事象を含む記録の公開を義務付けました。

     

     ●リンク  公開された文書

 

 

(以下、上記文書の一部抜粋)

 

2020年12月1日から2021年2月28日までの緊急供給の最初の一時的認可の受領から、およそ(b) (4)の用量のBNT162b2が世界中に出荷されたと推定されています。

2021年2月28日までの累積で、158,893件の事象を含む42,086件の症例報告(医学的に確認されたの25,379、医学的に確認されていないもの16,707件)がありました。ほとんどの症例(34,762件)は、米国(13,739件)、英国(13,404件)、イタリア(2,578件)、ドイツ(1913件)、フランス(1506件)、ポルトガル(866 件)、スペイン(756件)から寄せられたもので、残りの7,324件はその他56カ国に分散しています。

 

46例が16歳以下、34例が12歳以下と報告されています。

 

データセット全体で,最も多くの事象が含まれていた器官別分類(SOC)は,一般障害および投与部位の状態(51,335件),神経系障害(25,957 件),筋骨格系および結合組織の障害(17,283件),胃腸障害(14,096件),皮膚および皮下組織の障害(8,476件)、呼吸器、胸郭および縦隔障害(8,848件)、感染症および蔓延(4,610件)、傷害、中毒および処置上の合併症(5,590件)、および調査(3,693件)であった。

 

一昨年12月からの3ヶ月(国内本格接種前)で上記の害をファイザー社が把握していたにも関わらずFDA、ファイザー社は公開に抵抗しようやくアメリカ最高裁の命により公開しました。 

 

●●ワクチンが毒であるとの科学的証明(病理学的=最終診断)がされました。(但し、未査読雑誌掲載

         ●リンク  「On COVID vaccines:why they cannot work, and irrefutable evidence of their causative role in deaths after vaccination by Sucharit Bhakdi,MD and Arne Burkhardt,MD」

 

Sucharit MD による上記についての動画及び元動画

●Sucharit Bhakdi MD   

         

           ●リンク  元動画  

 

 

1、存在が不明のウィルス(47都道府県、国立感染症研究所に置いて公的に未だ未証明。)(変異株も含めて)に対してのワクチンはどういったものでしょうか?

2、2021年の10月24−26日、WORLD HEALTH SUMMIT ドイツベルリンにおいて、バイエルン社幹部、Stephn Oelrich氏が、公演中、今回のワクチンは遺伝子治療と明言され、更に2〜3年前に遺伝子治療として行えば95%の人々が接種しなかっただろうと述べられています。

3、ワクチンの内容物が全て明らかになっていない。添加物をよく自分で調べてください。

4、現在もなお、治験期間中です。未知の部分が極めて多い人類初めてのワクチンです。動物(マウス)実験で全て死亡。(村上康文東京理科大学名誉教授)

中、長期予後は一切不明です。接種されてしまった方は、免疫能を下げないよう努め、新しい治療法が見つかるまで、耐え頑張ってください。

5、モデルナ社に160万個もの異物(金属製?)が混入していたのにも関わらず販売中止にもならず、その原因すら明らかにされていません。かつて食品にこれほどの異物混入があり問題にならなかった事があったでしょうか?

6、ワクチンにより、これほどの副作用、死亡が生じたものはかつてあったでしょうか?

7、治験期間中であれば、接種前、後で厳重に被験者に管理、対応しなければいけません。つまり、重い感染症疾患であればあるほど、陰圧室に置いて検査、検者も完全防護、室内も完全クリーンルームで行うべき。全く施行されず。データーも取れているのでしょうか?報告のみ?正確な結果でしょうか?

8、5に対して当院では待合室、診察室等全く対応出来かねます。

9、5月大型連休前までは接種された方もされてない方も診療していましたが、その後原因不明で私自身の体調が長期に渡り優れず。海外の報告等によりshedding、transmissionはあると考えている私は、治験中でわからない事だらけでもあり、未接種者の命に関わる恐れがあると考え、当分の間、接種者の受診はお断り致します。

院内では必ずマスクをしてください。

(❶新感染症法における、2類相当である新型コロナウィルスの濃厚接触者扱いを避ける為。❷sheddingを避ける為。ただ、その予防効果は不明です。(接種者から人から人へ何かが移る恐れがあり、症状を訴えている人がいます。治療法、予防法も解っていません。

●また、必要以上の会話は控えてください

同伴はどうしてもしなければならない方以外は避けてください

●流水、石鹸で手洗いを念入りにしましょう。特に肩から上に手を上げないように、上げてしまったら直ぐに手洗いしましょう。その後手をアルコール消毒すると効果的です。トイレを清潔にしましょう。

 

◎原則的にコンタクトレンズを外しての診療になります。コンタクトレンズの予備、レンズケースあるいはメガネ等を用意して、コンタクトレンズを外せるようご準備ください。


◎飛蚊症(ひぶんしょう、虫やゴミのようなものが動いて見える症状)の原因の一つである網膜裂孔、網膜はく離やその他糖尿病網膜症や緑内障などに対しての光凝固術治療を施行しています。ドライアイに対してコラーゲン涙点挿入術などの治療も施行しています。


◎基本的には受付順で診療致しますが、病気で重い方がいらっしゃった時など順番が前後する事も有りますので、ご了承の程お願い致します。
◎薬は院外処方になります。薬剤処方箋は発行当日を含め4日以内に近くの調剤薬局へお持ちください。


◎各検査の所要時間(一応の目安)
コンタクトレンズ 処方 約1時間 (初めて扱う方) 約1~2時間
メガネ      処方 約1時間
視野検査        約1時間
散瞳下眼底検査     散瞳(約1時間) 検査(約15分) 計約1時間半
涙点プラグ挿入術    約1時間



◎◎各医療機関においては膨大な量の個人情報を取り扱っています。又、国からも厳重な規制を受けています。
当院の許可なく当院内での携帯電話、スマホ、カメラ、ビデオなどでの無断撮影は厳重に禁止しています。厳重な注意等及びその場で全てを消去削除していただきます。


◎◎個人情報保護の為、本人の同意・承諾なくその個人情報に係わる事は、お答えできません。特に電話での問い合わせについては一切返答できません。



◎◎当院は3次救急病院、高度な医療設備を備えた医療機関ではありませんので、患者さんの病気の状態などによっては、ご本人にとって最適と考えられる高度医療機関へ紹介する場合があります。


◎◎当院はセカンドオピニオン、サードオピニオンは行っておりません。又、見た目を改善する美容上の目的の為の医療には対応できません。それらの目的で受診された場合、他の高度医療機関への紹介となります。